今回のタイトル、長いですね~。なんのこっちゃ、という症状の羅列にも見えます。

でもこれらの現象は、全部関連性があるんです。本当?こじつけじゃない?というアナタ。
アナタのお家は気密性の高いマンションか、掛け布団が新しい、もしくは暖かい人ではないでしょうか。

あ、それ全部あるわ~!というアナタ。
アナタは寒い地域にお住まいか、掛け布団が古く、寒くなっていませんか?

寒いと寝姿勢が変わります。



暑い時って、皆さんはどんな姿勢で寝ていますか?

大体の方は、”大の字”になって寝ていると思います。
そして、冷たい床面を探してゴロゴロ寝返りをうつ事も多いでしょう。

それに対して、寒い時はどんな姿勢で寝ていますか?

丸まって””で寝る事が多いんじゃないでしょうか?
また、うつ伏せ寝で寝てる方もおられるでしょう。

人間は、寒いと睡眠時の姿勢が変わるんです。

寒いと体温を逃がさない寝姿勢になる



動物でも、寒い季節になると熱を逃がさないように”丸くなって”眠ります。

これは、冷たい空気に触れる体表面の面積を減らし
体温が下がらないようにするためです。

人間でも同じです。寒いと丸まって、横向き寝をします。
冷たい空気に触れる面積を減らしているんです。

でも、人間は家の中で布団に入って寝ます。
掛け布団が暖かい、もしくはお部屋が暖かければ、縮こまって眠ることもありません。

丸くなって横向きで寝ると起きやすい事



横向きで寝ると起きやすい事は、以前から書いていますが…

  1. 枕が、横向き寝するには低すぎるため肩がすぼまる。
  2. 肩部分にかかる荷重が大きくなり、腕にかけての血行不良が起きる。
  3. 血行不良の結果、腕が痺れる。
  4. 首を不自然に曲げた状態になり、首の筋が伸びた寝姿勢に。
  5. 首の筋が伸びると首コリの原因に。
  6. 人によってはまくらの高さが足りないので、まくらや頭の下に手を入れたり…。
  7. 体重の8%前後という頭の下敷きになった手も…しびれます。

と言う事が起きやすいです。



↑1.はこんな状態ですね。

これはオーダー枕を作り続けて、ご来店された多くのお客さまから
実際に聞いた事です。

身に覚えがありませんか?ある?
じゃ、どうします?

そういった経験がある方への対処法。



対処法としては…

  1. そのままほっておく。我慢する。
  2. 暖かいお家に引っ越す。
  3. 掛け布団を暖かいものに変える。
  4. 枕の高さを自分に合わせて調整する。

です。1と2はウチでは対処できませんが、
3と4は、ウチのような寝具専門店で対応できそうです。

そこで…冬本番キャンペーン開催です。

結構、いやかなり太っ腹なキャンペーンだと…自負しています。
期間限定ですので、お早目にどうぞ。

当店、木村寝具店へのアクセスは…