肌寒くなってきましたが、体調を崩していませんか?

寒くなってくると、横向き寝が増えます。肩が痛んだら枕を見直して下さい。先日、お店にいると自動ドアが開きまして…お客様が。
数日前にオーダーメイド枕を作りに来て下さったお客さまです(ちなみにお医者様の奥さま)

オーダーメイド枕のお客さまが興奮した様子で再来店。

まくら職人「いらっしゃいませ~。…あ、先日はどうもありがとうございます。」

お客さま(興奮した様子で)「ちょっと!アナタ!!」

「え?なんですか?」

お客さま「あのまくら、凄くいいわ!!全然痛くなくなったの!」

まくら「へー、良かったですね~」

お客さま「すごい楽になったわ、ありがとう!!」

まくら「いえいえ、こちらこそありがとうございます」

お客さま「何回も(外から)お店を覗いたんだけど、居なかったから。良かったわ、ありがとう」

まくら「そうだったんですね。ご丁寧にスミマセン。」

興奮されたご様子を見て、最初一瞬ですが
「まくらが合わなかったのかな?」と思ったのですが、
まあ、オーダー枕については自信があるので「それはないか」と…。

なんにせよ楽になって、良かったですー。

※あくまで個人の感想です。効果効能を保証するものではありません。

そもそも、頭痛がひどかったとの事

このお客さま、
そもそも「寝起きの頭痛がヒドイ」と言う事でご来店されました。

立った姿勢で、背中・頸椎の各ポイント測定させて頂いたところ
頸椎のカーブが少々強め、という傾向が。

現在の睡眠状況から推測すると…ああ、アソコとココが問題かな?と。

実際に寝てみてもらうと…
よくあることですが、立って測った姿勢とは
ちょっと違いが出てきたので修正。

それから数回の修正を繰り返して、完成させました。

なかなかに、手が込んでるんですよ。

寝起きの頭痛・腰痛は寝具を疑います。

必ずそうとは限りませんが、

私は、

  • 寝起きの頭痛は枕のヘタリ・枕が合わない
  • 寝起きの腰痛は敷き布団・ベットマットのヘタリ・ミスマッチ

を疑います。

寝ている間の姿勢は、「まくら」と「敷き寝具」と「筋肉」が支えます。
筋力が落ちてくると…「まくら」と「敷き寝具」がカラダを支える割合が大きくなります。

寝起きに不調を覚えてらっしゃる方は、ご自分の枕と敷き寝具を見直してみて下さい。

ご相談、お待ちしております。