体圧分散・ムレ感・熟睡に最強の敷き寝具、ムートンシーツ。

しかし、毎日愛用して頂くとどうしても”毛”が寝てきます。

※あくまで個人の感想です。効果効能を保証するものではありません。

このムートンシーツ、どんな高級品で毛の密度が高くても
使っていると毛が寝ます。

特に腰の部分とかカカト部分の毛が寝ます。重さがのりやすく、寝返り時の力が掛かる所です。
まあ、その部分の毛がクッションになって寝心地を向上させてくれている証拠ですが…。

以前、ウチでムートンシーツをお買い上げいただいたお客様が
ムートンのブラッシング(毛起こし)をお願いされたので、させて頂きました。

ムートンのブラッシング・使用する道具は



ムートンのブラッシング(毛起こし)に使用する道具は…

  • 霧吹き(水でOK)
  • 専用ブラシ(たいてい商品に付属しています)

以上。あとは、根気と時間です。

やってみて分かる事は…フワッフワになると結構楽しい、と言う事。

ムートンのブラッシング・まずは水分を霧吹きで



まずは、霧吹きで水をかけます。

ちょっとで大丈夫です。

ムートンのブラッシング・専用ブラシで毛をほぐす



次に、専用ブラシで毛をほぐします。

この時、ブラシをこすり付けてはいけません。
毛が切れたり抜けたりします。

  1. ブラシの先っちょだけを使って…
  2. 毛の根元にブラシを当て…
  3. 垂直方向に引っ張る

という風にやります。
絡まって、フェルト化している毛(ウール)をほぐすイメージです。

一方向にブラッシングして、まだ毛がダマになっているようなら
逆方向からブラッシングします。

それでもほぐれないようなら、90度回転させた方向からブラッシング。

これでフワッフワに戻ります。



↑これをブラッシングすると…



↑だいぶ戻ったでしょ。

正しいムートンのブラッシングなら毛はほとんど抜けない

このようにブラッシングすると、毛(ウール)はほとんど抜けません。



↑抜けてないでしょ。(実際にブラッシングした後です)

ただし…

  • 虫が喰っている。
  • なめしが悪い。
  • 古くなっている。

などのムートンは、毛が抜けますし切れたりします。
原皮ごとボソッてはげたりもします。

でも、今回のムートンはウチで買って頂いた「なめしのちゃんとした」ムートンです。
商品自体も新しいので、ほとんど毛は抜けませんでした。

わかってはいたけど、これほど抜けないものかと…ちょっと驚きました。

ムートンのブラッシング・ビフォーアフター



分かりやすいように、ブラッシング前と後の写真を…。

フワッフワでしょ。結構楽しかったです。



↑完成。キレイになったねー。

ある程度使い込んだら、こうはならないので、
専門の業者さんに、本格リフォームに出します(有料)。

ムートンのお手入れなど、ご相談がありましたら…
↓木村寝具店までどうぞ。こういうのが聞ける所、あまりないでしょ。↓