訳あって、綿わた布団の記事をアップするのを控えていたのですが

綿わたのお布団の仕立て替えのご依頼がありました。控えていた理由は…

体調を崩されてまして、綿わた布団の仕立て替えをご依頼いただいても、
ちょっと納期をいただかないといけない状態が続いていました。

現在も本調子ではないようで…心配ですが
少しずつ「わた布団の仕立て」をこなしていただいている状態です

信頼できる工場でないと預けられない



でも、長年お世話になっている工場さんなので…
よその工場さんには乗り換えられないんです。

お客様の綿のお布団は中身を確認してから打ち直しを
するかどうか決めさせていただいているのですが、
時々「あ、コレはちょっと…」という状態のお布団があります。

「このふとんは何回も打ち直ししているからねー」と、お客様も分かっている
場合も多いのですが、そうでないものもありまして…。
どんな事情があったのかわからないので、何とも言えませんが
「もうちょっとちゃんとしたほうが…」と思う事があるんです。

そういう経験があるため、信用できる工場さんに出したいんです。
ちゃんとした仕事をして下さるところに。

今回のお布団はとても状態が良かった



今回のお布団も、まずは中わたを見せて頂きました。
手縫いの部分があるので、そこの縫い糸を切らせていただいて…

おっ、いい綿ですね。これなら落ちわたも少なく済みそうです。

何度も打ち直ししてくたびれている”わた”はふんわりさせる機械に掛けた時
わたが切れて落ち、減っていきます。

わたが減ってしまう分、新しいわたを足さないと
布団としての機能が落ちますから、足しわた分金額が高くなってしまいます。

最近は綿わたではないお布団もいろいろ



皆さんご存知だとは思いますが、
最近では綿わた以外でもいいお布団がたくさん出ています。

掛け布団なら、「羽毛掛け布団」。
綿わたの掛け布団と比べ、中綿(羽毛布団だと羽毛)の重量が1/3以下の
軽くて暖かい掛け布団です。

敷き布団なら、「ウレタン系敷きマット」。
ウレタンは綿わたと違ってホコリが出ませんし、
ちゃんとしたものは、耐久力に優れていますので打ち直しなしでも
ボリューム・寝心地が落ちにくいです。

今回もお話はしてみましたが、やはり綿わたで、とのことでした。

ちなみに、もしも買い替えしようと思われましたら
古いお布団は無料でお引き取り・処分させていただけます。

当店は広島市中区十日市町の寝具専門店です