先日、whoを”ウホッ”と読んだ子のお話をここで紹介したところ、

次の日、閉店間際にドラマが…バチが当たった(笑)

”病院でオーダー枕を勧められたお話”はそのあとです。

先に仕事しなさい?スミマセン(笑)

閉店間際に50代くらいの男性がご来店されました。

グースダウンの羽毛ふとんを買いに…

まくら職人「いらっしゃいませ~」

男性のお客さま…掛けふとんを触りながら…

男性のお客さま「Is this down?」

まくら「×○■??!!!」

見た目は、普通の日本の男性だったので(しかも優しそうなオジサマ)

不意打ち感がスゴイ(笑)

桶狭間で楽しく宴会していた今川義元さんレベル(笑)



今川さんがネクタイを頭に巻いていたかどうかは別にして(笑)

お話を聞くと、韓国から来られたそうで…

ポーランド・ハンガリーあたりのグースダウンの羽毛がスバラシイ、のは解っているが

韓国に入ってくるのは中国製が多くって…と言っておられたような(笑)

大事なのはギュッと圧縮して、嵩が元に戻るかどうかだ…と言っておられたような(笑)

シングルサイズは日本も韓国も(世界基準と言われていた?)同じ…と言っておられたような(笑)

ああ、英語の勉強している女の子を笑ったりするから…バチが当たったんだ(笑)

ホンマにゴメンナサイ!!!

安佐南区からオーダー枕のお客さま

安佐南区からオーダー枕を作りにご来店頂いたNさま。

ありがとうございます。

Nさまは、病院でまくらを作ったら?と勧められたそうです。

当店にご来店されるオーダー枕のお客さまに結構多いケースです。

で、ご友人の方に聞いて(ご友人はウチでまくらを作ってらっしゃった)ご来店されたそうです。

病院でまくらをオーダーするように言われるケースがある

頸椎の痛みなどで、病院に行った場合

「まくらを作りなさい」

と言われる事があるそうです。

※私は首の痛みで病院に行ったことが無いので、アレですが(笑)
よくお客さまに言われます。

”枕の高さが合わないと、首周りの痛みにつながる”

と言う事が、医療機関でも認識されているようです。