台風が過ぎて、広島市内には暖かい空気が入ってきたようで
気温が上がりました。数日前までは最低気温が15℃で朝晩が冷えました。
今日羽毛布団を買いに来店されたお客さまは

お客さまお客さま

「去年は暖かかったから我慢できたけど、今年は寒いから羽毛布団を買い替える事にしたの…」

とおっしゃっていました。そう、去年の冬は暖かかったんです。

最低気温15℃は冬の掛け布団の出番




私事ですが、今年最低気温が何度になったら
肌布団が耐えられなくなるかひそかに実験していました。

ウチの住環境&私の体感では天気予報の最低気温が15℃になった晩は
羽毛の肌布団が少し寒く感じました。トイレに起きちゃうんです…眠りも浅いし。

まだ耐えられる範囲ですが、もう一つ暖かい掛け布団に変えた方が
快適に寝られると判断し、冬の羽毛掛け布団を出しました。

すると、台風が来て…一気に最低気温予報が20℃前後に。

「ああ、どうしよう…」と思いましたが
これから寒くなる事はあっても暖かくなる事は”来年の春”までありません。
予定通り冬布団に切り替えました。

結果的に良く眠れました。暖かいはスバラシイ。

そして、今後は最低気温15℃を冬布団切り替えのタイミングにしよう、と。
このブログ、来年への記録的な部分も考えています。

羽毛布団をネットで買って失敗したから実物を見て買いたい



羽毛布団を買いに来店された複数の方がおっしゃっていたのが
「前ネットで買ったけど失敗した。今度は現物を確かめて買いたい」
「布団の厚みとか生地感とか、実物を見てみないとわからない。」
という事。

少数派かもしれませんが、私も同じ思いなんです。

実物を手に取ってみて、説明を聞いて買いたいという方
お待ちしております。かなり突っ込んだお話ができると思います。

羽毛布団の生地は綿100%がいい?!



羽毛布団の生地は綿100%がいいですよね…
でも最近はそれ以外のものも結構あります。

羽毛布団の綿生地についてのお話しは以前書きました。
(→羽毛布団の生地、綿とポリエステルの差

綿100%生地は吸水性が良いです。
ただしポリエステルなどの複合素材の生地も柔らかさでメリットがあります。

吸水性については”綿100%生地のカバー”を掛ければそれでおぎなえるんじゃない?
という方もいます。コストなんかも考えるとそういう考え方もアリですね。

高級な羽毛布団を選べば、綿100%で100単サテン・200双糸などの
柔らかい生地を使った羽毛布団が色々あります。でもお高いんですよね…

こたつ布団の準備はされました?



ここ数日、こたつ布団のお問合せやお買い上げも多いです。
台風が来る前は、昼間も少し肌寒かったですしね。

今シーズンのこたつ布団も順々に入荷しています。
よかったら見に来てください。

木村寝具店へのアクセス

当店は創業明治23年、広島市内の寝具専門店です。
寝具・睡眠のご相談などありましたらお気軽にご来店ください。

広島市の寝具専門店木村寝具店へのアクセスバナー