ここ数日、オーダーまくらを作りに来られた方が

硬い敷き布団(敷き寝具)上で寝ている、と言われることが多かったんです。

でもね、寝てらっしゃる姿を見ると、いくつか気になる特徴が…

ウチのお店に置いている硬い敷きマットに寝て、寝姿勢を見せて頂くと…

アレ?そんな感じだとお家の敷き布団で寝た時、辛いんじゃないですか?と。
※いくつか敷き寝具が硬すぎる、という反応をしてらっしゃったので。

そんな話をしていると、お客様に

「でも、今って高反発の敷き布団が主流でしょ?」って言われまして、

そうなんですよ。そうなんですけれど、”硬けりゃいい”って事じゃないんです。

高反発敷き布団が”神”ならば、床で寝ちゃうとかどう?という話しになります。



↑これはヒノキの木材ですが(笑)↑

フローリングとか究極の高反発ですよ。ピンポン玉もカチコーンと跳ね返ってくるし(笑)

でも、床で寝ると…体が痛くなるでしょ。

旅先で敷き布団がペラッペラだった時の話。←過去に自分も経験しました。キツかったです(笑)

良く分からないから…とりあえず高反発を買って、結果的にあまり眠れていない方が多いんですよ。

ポイントは



↑ズバリこれです↑

敷き布団が硬すぎる人の特徴・ひざを立てる


敷き布団が硬すぎる人が”横になった時の特徴”その1は…

ズバリ、ひざを立てる、です。

その方の体型に対して敷き布団が硬すぎた場合、

仰向けに寝た時に”ひざを立てる”ことが多くあります。

ひざを立てている方にお話を聞くと、

  • 「ひざを立てた方がラクなんです」
  • 「ひざを立てないと寝れない」
  • 「ひざを立てないと腰が何となく嫌な感じ」

と言われます。

理由は大体見当がついてるのですが、気になる人は来店して聞いてください。

敷き布団が硬すぎる人の特徴・足を組む



↑適切な画像がなかったので(笑)

仰向き寝をした時、こんな感じで足を組む方いるでしょ。

これも、敷き布団が硬すぎて”腰がツラい”サインです。

しかも、”上になる足がいつも同じ”であることも多いんです(笑)

この理由は…私はよく分かりません。

でも、高確率で見られる現象です。

敷き布団が硬すぎる人の特徴・朝、腰が重いと感じる



腰が重く感じます。

一晩中、変な姿勢をしてるから…そりゃツライです。

痛い、と感じる方もいます。

そんな経験のある方、要注意です。

症状別・寝起きの不調の原因を考える。←関連記事。

敷き布団が硬すぎる人の特徴・すぐに横向き寝になる



すぐに””になる方も注意が必要です。

敷き布団が硬いと仰向き寝がツラいので、

本能的に横向き寝になるんです。

しかし、硬い敷き布団は横向き寝にも向きません。

このクセがある方は、腕のしびれ・肩こり等も心配です。

その理由は、このページにも書いてます。まくらも低いんです。

敷き布団が硬すぎる方・硬すぎても大丈夫な方

実は、オーダーまくらを作っていて、

「この人は、この体型なら”硬い敷き布団”は無理だろうな~」と思っても

大丈夫な人が稀にいるんです。

それは、筋肉がしっかりついている方。

おそらく、寝ている間も筋肉で骨格を支えるんでしょうね。

敷き布団が硬すぎる人・冬場だから多いかも


冬場は、体が冷え、

筋肉も硬くなりやすいため痛みが出やすいです。

ここ数日、そんな方をよく見たのは”寒かった”というのも一つの要因でしょう。

せっかく高い敷き布団を買ったのに…という気持ち、痛いほどわかりますが

以上のような経験のある方、

もういちど敷き布団を見直してください。