」とは…

市販されている枕を、まくらのプロの目から公平に・かつ冷静に(笑)

解説していくことを目的とした、読み物シリーズです。

アナタの枕探しの一助になれば、嬉しいです。

※商品の仕様が変更になっている事もあるので…あくまで参考までに。

第7回は、パッケージの目力がスゴイ(笑)昭和西川「ムアツ枕」通称(マツコのまくら)です。

パッケージには…

「首・頸椎を点でしっかり支える 新感覚・ムアツまくら」との表記が。

しかし、マツコさんの凝視が気になって…文字に目がいかない(笑)

「ムアツがあなたの眠りを変える」とのフレーズ。期待ができます。

ムアツまくら・外観



色は清潔感のあるホワイト。で、カクカクしてます(笑)



裏面。メッシュ生地です。

底面に入っているムアツシートが黒なので、ちょっと透けています。

ムアツまくら・側生地は…



こんな感じ。ちなみに表生地です。

メッシュっぽい生地です。通気性がよさそう。



安定のサイドメッシュ。定番。

端っこには、「muatsu」の文字が。

今でこそ、”体圧分散敷き”の名前で

各メーカーから”デコボコウレタン構造の敷きマット”が出ていますが、

もとは、この昭和西川さんなんです。マニフレックス的な継続力と芯の強さを感じます。

ムアツまくら・洗濯は…

ムアツまくらの洗濯は、側生地のみ可能です。

ムアツパーツのウレタンは洗濯不可です。



↑ばらした状態。

上の白いパーツが側生地部(洗濯可能)

下の黒いウレタンがムアツパーツ(洗濯不可)

ムアツまくら・構造

ムアツまくらの構造は前項にもあった通り、

側生地(高さ調節パイプ入り)とムアツパーツの2つに分かれます。



↑めくってみました(笑)

一見、高さが高そうですが、

デコボコウレタン部分は沈み込みやすいので、イイ感じです。

ちなみに、ムアツの感触がお好きな方は

  • シートをひっくり返して挿入。
  • まくらを裏返しにして使用。

すると、ムアツパーツのデコボコがアタマにあたるよう使えます。

2通りの使い方ができますね。

ムアツまくら・高さ調節システムは…

高さ調節の仕組みは、パイプの抜きさしです。



↑側生地をひっくり返すと、こんな感じでファスナーが見えます。

んんん?ファスナーが両サイドに2つ。

でもキルトを見ると、両サイドと首の部分に分かれているような構造です。



ファスナーを開けて中を確認すると…



つながってる!!(笑)えー!!

これじゃ、ファスナーを2個付ける意味もあまりないんじゃ…(笑)



つまり、左のファスナーを開けてパイプを抜いても…

首の部分と右の部分も低くなる(笑)

しかも、高さ調節用の”予備パイプ”が付属していないので高さを足すことは不可能です。

高さ調節機能はちょっと弱いですね。

ムアツまくら・総評



販売価格が5,000円(税別)と言う事、

そして、ムアツシートが入っていることを考えると、

頑張って作ったまくら、です。

また、最初から低めに作ったまくらなので

調節しなくても、気持ちよく眠れそうなまくらです。
※実際に、試してみても気持ちイイまくらでした。

ただし、ノーマルな状態では合わなかった場合

調節機能は、ちょっと弱いですね。

このまくらが合いそうな方は、

  • 低めのまくらが合う女性。
  • 肩幅のあまりない方(横向き寝の時のまくらの高さがあまり必要ない方)
  • ムアツの感触が好きな方

です。