↑画像はイメージです。

暖かくなってきました。上着も要らない気温ですね。

この時期恒例、羽毛布団のリフォームのご相談が…

暖かくなってきたので、お店の横のイチジクも葉を青々と」広げてます。



新緑がまぶしいです。

押入れの羽毛布団の処遇を相談していただきました。

さて昨日、お客さまからお電話がありまして…

お客さま「羽毛布団のリフォームをして欲しいんじゃ…」

まくら職人「あ、〇〇さんご無沙汰しております~。かしこまりました」

で、30分後…

お客さま「コレとコレとコレをどうにかしたいんじゃ…」

お客さま「その中の、コレは”羽根ふとん”じゃけえ処分して欲しいんじゃ」

「はい…。ホントだ”羽根ふとん”ですね。触感がボリボリしてます(笑)処分するのがいいですね」

※羽根ふとん・・・ダウン比率が50%以下の布団。羽毛布団より品質が下がる。
触ると羽根の軸が感じられ、ボリボリ・ゴソゴソ音がする。

お客さま「コレで羽毛布団を一枚作れるかの?」

まくら「作れますよ。〇〇〇〇〇円から、いろいろコースがあります」

お客さま「そうか…。新しいの買った方が安いかの?」

まくら「んー。こっちの羽毛布団はこの値段では買えないと思いますよ。こっちは、今の相場だったら×××××円くらいで買えます。」

お客さま「じゃあ、全部処分してもろうて△△△△△円以下で新しい羽毛布団があるかの?」

まくら「ありますよ。では、買い替えにされますか?〇〇さんが決めて下さいね~」

お客さま「そうするわ。押入れの整理をせんといけんけぇ」

お客さま「お母さんがおらんけぇ。大変なんよ」

お客さま「女の人の方が仕事は多いんよ。料理とか洗濯とか掃除とか…。おらんようになったらわかる。」

まくら「そうなんですね。頑張ってください」

という事がありました。西区のHさま、ありがとうございます。

”この羽毛布団どうしたらいい?”を決めるのが大変。

押入れの整理をする場合、お客様が一番迷うのは

古い羽毛布団を

  1. 捨てる(処分)
  2. 洗濯して使う
  3. リフォームする
  4. 買い替える

のどれを選択するか、が多いです。

買った時の値段とか、何年使っているとか

はっきり分からない事も多いんですよね、だって古いふとんだから(笑)

で、羽毛布団の生地を破って羽毛を確認するお店もあるようですが、

ウチは、しません。

なぜかと言うと、生地を開けちゃうと「やっぱりやめた」が出来ないから(笑)

外から触って、羽毛の品質を確認することも”ある程度なら”できます。

だって、ウチはプロですから(笑)

※ある程度、です。
触っただけで「んーこれはダウン〇〇%で…」なんて無理ですよ(笑)誰もできません。

出来るだけ、その羽毛布団についての情報を下さい。

品質表示を見たり、ふとんを触らせて頂いたり、で判断させて頂きます。

羽毛布団をどうするか、最終的に決めるのはお客さま

で、お話はしますが、

当然、最終的にどうするかはお客さまが決めて下さい。

「プロが決めて。まかせるわ~」と言われる方もおられます。

その時は、もちろんウチがご提案します。

でも基本的には、お客さまに決めてもらっています。

やっぱり、ふとんに対する思い入れがあったりすることも多いので…

なんて言いますか、

  • ふとんに対する愛情とか
  • ご婚礼のふとんへの思い入れとか
  • ふとんを送ってくれた方への思い出とか

そういう気持ちは大事にしたいな~と。

なので、まずはご相談ください

電話 082-293-2847

メール info@e-nedoko.com

 

羽毛ふとんのリフォームバナー

accessbar

↓オーダー枕のキャンペーンもやってますよ↓