寒くなると体の色々なところに出てくる”痛み”

まくらが合っていない方は、特に冬場痛みが出やすいんです。

先日の私の気づきを交えて、その原因と理由をちょっと語ってみましょうか。

自分の背中が痛くなったのが発端(笑)


広島市内はここ数日、すごい冷え込みで…

最低気温が-2℃とか(笑)。温暖な瀬戸内では厳しい寒さです。

以前から触れていますが、一日の間でふとんを使うのは…一般的には”夜間”です。

ですから、午前2時とか3時の気温である最低気温は、その日の寝具を考える上で最重要ポイントです。

そんな中、ワタクシ”まくら職人”のカラダにある変化が…

それは、

背中から肩にかけてなんか痛い(笑)

お客様の肩こり・首こりを心配してる場合じゃないんじゃない?(笑)

睡眠の状況を整理してみよー


  1. まくらは…ウチのオーダーメイド枕(※高さ調整が必要ww)
  2. 敷き寝具は…マニフレックスメッシュウィングとムートンシーツをスノコベットの上で使用
  3. 掛け寝具は…羽毛ふとん+
  4. 室内は…かなり寒い(笑)

です。問題は1。そして4です。(←あとで触れます)

関連記事
ムートンシーツの話その1
オーダーメイド枕
羽毛布団についてのまとめ

実は、まくらがヘタったままで放置してまして(笑)

再調整しなくちゃな~、と前から思ってるんですがそのまま使ってます(笑)

お客様のまくらの心配してる場合じゃないんじゃない?(笑)

どうして痛くなったのか考えてみた


おそらく、オーダーまくらのヘタリの放置が大きいかと。

まくらがヘタってしまい、適正な高さより低くなると

睡眠時の姿勢が狂い、睡眠中の筋肉に力が入ったり・引っ張られ続けたり…

それがいろんな部位の痛みの原因となることが多いです。

関連記事
症状別・寝起きの不調を考える
オーダー枕を作りに来る方の”あるあるネタ”その1
オーダー枕を作りに来る方の”あるあるネタ”その2

でもそれだけじゃないんです。

寒くなると寝姿勢が変わるんです。

痛くなった理由・寒くなったせいで寝姿勢が変化


寒い日って、皆さんどういう姿勢で寝ていますか?

大の字になって寝てます?お腹出して?そんな訳ないですよね(笑)

寒くなると、横向きに丸まって寝る方がほとんどじゃないでしょうか?

体温が下がらないように、内臓が冷えないように、

自然とこういった姿勢をとっていると思います。

つまり、寒くなると”横向き寝が増える”と言う事です。

関連記事
横向き寝がラクな敷きふとん2
まくらと寝姿勢のお話

ヘタったまくらで横向き寝を続けると…

ヘタったまくら、つまり低くなったまくらで横向き寝を続けると

下になった肩に荷重が集中し、血行が悪くなります。



まくらが低いと頭の先が下がります。②の方に傾くんです。

すると頭の中心線と背骨のラインが”へ”の字になり…下になった肩がすぼんで…

背中の筋肉は突っ張り、時間の経過とともに痛みはじめます。

※説明が難しいですね~。来店して聞いてください。

しかも、気温が低いので痛みも出やすいです。

こうして痛くなった、と考えます

こうして、背中から肩にかけての痛みが完成(笑)

整体に通っても…それは対処療法なので、

日にちと共に、またぶり返すでしょう。だって原因がそのままだもの(笑)

まくらを再調整していない”わたしの横着”が最大要因、とも言えますが

寒くなって、肩や背中が痛い方は一度”まくらを見直し”てください。