もうすぐ8月6日。原爆の日です。

広島市内の小学校では、前日の8月5日に慰霊祭と盆踊りがあります。ここ最近の最低気温は27℃。夜もすごく暑いです。

それも手伝ってか、
8月に入ってから日本古来のひんやり素材、「麻」の寝具が良く売れています。

「麻」が涼しい理由

麻素材が涼しい理由は…熱の伝わりが良いから。

綿・ウール・ポリエステルなど、寝具に使われる素材の中で
熱の伝導率が、とびぬけて高いんです。

なので…たとえば部屋の気温が27℃であれば、

  1. 麻素材も、部屋の気温と同じ27℃になります。
  2. その27℃の麻素材を触ると、手のひらの体温が麻素材に伝わり
    ひんやりします。
  3. 手のひらを離すと、熱を放出して27℃(部屋の気温)に下がります。

と、いう仕組みで涼しいんです。

当たり前ですが、部屋の気温が35℃位であれば
部屋の中のものは、すべて35℃です。

その中でヒンヤリする事が出来る素材はありません。

ジェル系を冷蔵庫などで冷やしておけばヒンヤリしますが、
こちらは、長時間使っていると温かくなり…熱を放出することが出来ないため
かえって暑くなります。

麻混のタオルケット



と言う事で涼しい、麻素材。

盛夏になり、よく売れているのが上の「麻混のタオルケット」です。

こちらは、定価が8,000円+税の商品なんですが…特価3,980円(税込)オトクでしょ。
※実売価格が8,000円のものです。

パイル、という糸の輪っかの組成が

  • 麻50%
  • 綿40%
  • レーヨン10%

という生地のタオルケット。

さらにザックリした肌触りで、体との接地面が少ない仕様です。

残り6枚くらいかな~。気になる方はお早目に。

本麻の敷きパット



こちらは、。表地も、中の詰め物も麻100%です。
※裏地は綿35%ポリ65%です。

サイズはシングル・セミダブル・ダブルサイズがありますが、
セミダブル・ダブルサイズは取り寄せ対応です。

ちなみに、シングルサイズ10,800円(税込)です。

麻の敷きパットは結構あるのですが、素材的に高級なので
大体、”表地”か”詰め物”にポリエステルや綿を混ぜています。

この敷きパットは表地・詰め物が麻100%なので涼しさが違いますー。
よく出ていますよ。

ブルーは終了ですが、ピンクならあります。

気になる方はお早目に。