moufumihon

”今晩は寒くなるから、毛布を足して寝よう…”

そして、翌日の朝。寒くて目が覚めて…

なぜか毛布とふとんがバラバラに。掛けているのは毛布だけだった…と言う経験あるでしょ(笑)

この話は、”冬の快眠のために重要な事”なので、ちょっと記述しておきます。

毛布がずれる理由・図解

”毛布がずれる理由”は、

ズバリ、”素材”と”毛布を掛ける場所”の関係性です。

わたしは職業柄、たくさんの毛布を見てきました。

世の中の毛布すべて見たわけではないので、なんですが

  • アクリル・ポリエステル(安価なもの)毛布は、掛けふとんの上
  • 綿・ウール・カシミア(その他獣毛)・シルク毛布は、掛けふとんの下

だとずれません。いやずれにくいです。

※ポリエステル毛布については最近、ハイテクなモノがいくつか出ています。
これらは実際実験してみると、凄くずれにくいので除外です。つまり掛けふとんの下でOK

理由は、素材による毛布の構造の違いなんです。

アクリル・ポリエステル毛布がずれる理由

アクリルとポリエステル(安価なもの)の毛布の構造は…

%e3%82%a2%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%ab%e6%af%9b%e5%b8%83%e6%8b%a1%e5%a4%a7%e5%9b%b3

こんな感じ。

グランドというベースになる生地に、毛羽が植えてある構造です。

この毛羽部分の組成によって、アクリル毛布・ポリエステル毛布など、呼称が決まります。
※毛羽部分の組成によって名前が決まるのは、その他の毛布も同じです。

この構造の毛布、掛けふとんの下に掛けると

上から押さえる力が加わり…

%e3%82%a2%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%ab%e6%af%9b%e5%b8%83%e6%8b%a1%e5%a4%a7%e5%9b%b32

毛羽が倒れて…

%e3%82%a2%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%ab%e6%af%9b%e5%b8%83%e6%8b%a1%e5%a4%a7%e5%9b%b33

押さえた毛羽が起き上がる時に、ずれます。

ジュータンでよくある現象です。

ジュータンにも”め”があって、踏んで歩くと”め”の方向にずれていきます。
※”め”は、たぶん”目”だと思うのですが…自信ない(笑)

アクリル・ポリエステル毛布を”ふとんの上に掛ける”べきもう一つの理由

もう一つの理由は、睡眠時に体から出る水分。つまり汗です。

アクリル・ポリエステル毛布には、吸水性がほぼありません

石油化学製品ですから(笑)無理ですよ。

人間は寝入る時、汗をかいて体内の深部体温を下げます。

絶対に、汗をかくんです。

アクリル・ポリエステル毛布を体に触れる位置に掛けていたら

場合によっては、ビチャビチャに濡れます。風邪ひきますよー。

なので、吸水性が低い毛布は掛けふとんの上!!

※先に出てきた、高機能ポリエステル毛布。これ、水分も毛細管現象で拡散するんです。
水分の処理という部分でも、掛けふとんの下でOK。

まとめ

昔から、”毛布は掛けふとんの上か?下か?”という事をよく語られます。

”毛布はふとんの上よ”と言う方、毛布の組成を確認してから使いましょう。

一説によると…

まったくズレ・水分がなかったとした場合

毛布の位置と暖かさ(寝床内の温度)には関係がない、と言われています。
※つまり”掛けふとんの上だろうが下だろうが一緒”と言う事。実験した結果です。

布団に入って、すぐにあたたかい感じがするのは

毛布が掛けふとんの下にある状態です。

予算が許せば、アクリル・ポリエステル(安価なもの)毛布以外を選んでみてはいかがでしょうか。

木村寝具店では、今こんなのを置いてます↓

silkmoufu

 ハイテクポリエステル毛布↓

poratec

woolmoufu