goasiki

・ベットマットレスの種類も、
たくさんありますね。

掛けふとんの素材の話に続き、
敷きふとんの素材について、語ってみます~

羊毛混の敷きふとん

  • 重さ・・・シングルサイズで4.5kg位。普通(ウレタン芯を使い、3.0kg前後に軽量化したものもアリ)
  • 寝心地・・・普通。ザ・スタンダード。
  • 硬さ・・・やや硬めのものが多い(ソフトタイプもあり)
  • ・・・ラク。1~2週間に1回程度干す。
  • 耐久性・・・3~5年
  • 価格・・・5千円台~3万円くらい
  • 対アレルギー・・・弱い(側生地・カバーで補えることも)
  • おススメの方は・・・普通の敷きふとん、と言えばコレ。

おそらく、現在一番流通している敷きふとんです。

構造は、中心にポリエステルわたを圧縮した芯材を入れ
その周りを羊毛とポリエステルの混紡わたで巻く、というものがほとんど。

ものによっては、片面を羊毛100%のわたにしたり
中心のポリエステル圧縮芯をウレタンに変えて軽くしたり…いろいろ工夫されています。

羊毛を使うと、湿気を吸収する力が強いので、ムレにくく快適です。
これは羊毛繊維の表面が「スケール」というウロコ状のモノで覆われていて、
湿気をウロコ状のスケールの隙間に吸収するからです。

綿わたの敷きふとん

  • 重さ・・・シングルサイズで6.0kg位。かなり重い
  • 寝心地・・・「出来立てふわふわ」状態なら「体圧分散能力最強」説あり。しかしすぐにヘタる。
  • 硬さ・・・硬い(ヘタりが早いため)
  • お手入れ・・・たいへん。頻繁に干さないと、湿気で冷たい感じに。
  • 耐久性・・・3~5年
  • 価格・・・1.5万~2万円くらい
  • 対アレルギー・・・弱い(ホコリが出やすい)
  • おススメの方は・・・打ち直しをして長く使いたい方。

昔からの敷きふとんです。

感想としては…重い(笑)
シングル6.0kg前後!!敷きふとんの中で最強クラスも重さです。

しかも、綿わたは水分を吸収しやすいので、
頻繁に干さないと、ねどこが冷た~くなります。

綿わたは繊維が切れやすいので、ホコリも出やすいです。
ふとんを干した時にふとん叩きでパンパンたたく方がいますが…
叩けば叩くほど繊維が切れてホコリが出ます(笑)キリがない。

ですから、ふとんを干しても叩いてはいけません。

綿わたの敷きふとんのイイ所は
打ち直しができる、という部分です。

ふとんを捨てることに抵抗がある方、大事に使いたい方にはいいかもしれません。

ウレタンの敷きふとん

  • 重さ・・・シングルサイズで5.0kg前後。やや重い
  • 寝心地・・・硬さを調節できるため、使う方に合っていればいい寝心地。
  • 硬さ・・・いろいろ。高反発が多い
  • お手入れ・・・ラク。日陰干しが基本(紫外線でウレタンが劣化する)
  • 耐久性・・・約10年と言われている(モノによる)
  • 価格・・・3万~10万円くらい
  • 対アレルギー・・・強い(中身に繊維を使っていないので、ホコリが出にくい)
  • おススメの方は・・・腰痛などをお持ちの方

最近、特に注目されている敷き寝具。

ウレタンをデコボコにカットした構造のものが多いですが、
マニフレックスのような、フラット形状のウレタン敷きもあります。

買う時には、使う方に合った硬さのモノを選ぶことが一番です。
実際に試し寝することをおススメします。

ウレタン系の敷き寝具は、紫外線を浴びると劣化しやすいので、
天日干しはNGです。陰干ししましょう。

お手入れが難しい方は、敷き寝具の下に「除湿シート」を敷いて
湿気を吸収させると、干す頻度が少なく済みます。

また、繊維状のホコリが出にくいのでアレルギーの方にもおススメ。
一般的には耐久年数は10年と言われていますから、高寿命です。

ただし、体重の重い・軽い、寝返りの多い・少ないによっても
寿命がかわるので…あくまで目安です。

ポリエステルの敷きふとん

  • 重さ・・・シングルサイズで4.5kg前後。普通
  • 寝心地・・・普通。
  • 硬さ・・・いろいろ
  • お手入れ・・・普通。洗濯ができるものもある
  • 耐久性・・・約5年
  • 価格・・・5千~1.8万円くらい
  • 対アレルギー・・・ダクロン社製のポリエステル敷きはアレルギーの方が愛用されてます。
  • おススメの方は・・・アレルギーをお持ちの方

アレルギーをお持ちの方には、ポリエステルの敷きふとん。

ダクロン社の中綿を使ったものがいいです。

ポリエステルの敷きふとんには、コストを下げるために
100%で作っているものもあります。(量販店・ホームセンターに多い)

そういった敷きふとんは、あまりお勧めではありません。
以前、わたしも安物のポリエステル敷きふとんを使ってみたことがあったのですが…
暑くて寝られませんでした。アレは無理です(笑)
ただ、値段はお手頃なので、価格で買われる方にはおすすめです。

弱点は、やはりムレ感。
吸湿性に乏しい素材ですから、しょうがない。

ただし、洗濯できるポリエステル敷きは、
洗濯により、アレルゲンの除去が可能なので
アレルギーの方の強い味方になるでしょう。