最近来られたお客さまで、

敷き布団・マットの買い替えを迷っている方が”よく言われる事”をまとめてみました。

「腰が痛い」という方も結構おられまして…。

寝起きの腰痛は、かなりの確率で

敷き布団やマットが体に合わない・使い古している事が多いんです。

お客さまに聞いた、”それでも使い続けている理由”を記しておきます。

「あー、それあるわー」って思って頂けると幸いですー(笑)

そもそも、布団を買い替えるのって面倒くさい。



ふとんって大きいし…買い替えるのって面倒よねー。

といわれる方がおられます。

たしかに面倒ですよねー、

押入れから古いふとんを引っ張り出したりしないといけないし。

でも新しい快適な敷き布団・マットで眠ると…気持ちイイですよ。

毎日、眠るのが楽しみになります。

今ある敷き布団・マットがまだ使える!



まだ、使えるからいいや、という方もおられます。

ただ、寿命を迎えているのに無理して使ってらっしゃる方も多いです。

羊毛混の敷き布団・綿の敷き布団の寿命は5年が目安。

ベッドのマットレスは、表裏・上下をローテーションしながら使って10年が目安です。

ここにおける”寿命”とは、腰部のヘタリなどクッション性を失う事です。

寝ていて床の硬さを感じる・腰がのる部分が見るからに凹んでいる状態は、寿命です。

敷き布団・マットを買い替えるお金がモッタイナイ



まだ使える、につながりますが

敷き布団・マットを買うお金がモッタイナイ、という方も。

それも分かるんですが、

腰痛や肩こりを直すために整体・鍼治療などをすると、1回につき3,000円~5,000円。

整体・マッサージ・鍼治療は対処療法ですから、

痛みの元になっている古い敷き布団・マットを買い替えた方が…

合理的かつ経済的だったりします。

敷き布団・マットを買い替えたばかりだし



敷き布団・マットを新調した後に、

”どうも体に合わない”・”腰が痛くなる”・”朝だるい”などの症状を訴える方がいます。

買ったところだし…また買い替えるとかあり得ない。という思いをされるのもホントによく分かります。

ただ、前項のようにマッサージや通院でお金がかかると…どっちが高くつくか分かりません。

新しく買った敷き布団を”どうにかして使う努力”はしてみるべきだと思いますが、

ムリだったら、その敷き布団は誰かにプレゼントして

カラダに合った敷き布団・マットをもう一度買った方がいいと思います。

実際、シンドイですよ~体に合わない寝具は。

今ある敷き布団・マットを捨てるのが大変。



近年では…地域にもよりますが、古ふとんは「粗大ごみ」扱いです。

古い敷き布団・敷きマットを処分するなら

コンビニ等でチケットを買って、ゴミ処理の部署に電話して

日にちを決めてチケットを張って出す、という行程が必要です。

結構、面倒ですね。

ちなみに、ウチのお店では敷き布団・マットを買われたお客様に

古布団無料処分サービスをしています。
※ベッドのマットレスなど、金属を含むものは不可。

ご利用ください。

気になる方は↓