hasu

暑くなってきたので、ついに肌掛けふとん(夏用の掛けふとん)に

掛けふとんをチェンジいたしました、まくら職人です。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

賛否両論あるのでしょうが、50歳まで現役で続けて頂いて

メジャーのみの「通算安打記録」を達成されるといいな~。

あと8年で1300本でしょ?約160本/年間です!!

頑張ってください~

暑くなってきたので…羽毛肌掛け入荷してます。

寝入る時は暑いのに、朝は肌寒い。

そんな時には、羽毛肌掛けふとんがおススメです。

暑い時は、お腹だけ掛けとくか
クシャクシャっと蹴飛ばしといて(笑)、

明け方寒くなったら、しっかり掛けて眠る。

羽毛の肌掛けは、ギュッと押さえるとコンパクトになり、

保温力もありますので、ちょうど今時期に最適です。

また、エアコンの設定温度をご家族に合わせるため、
わたしには冷えすぎるのよー、という方にもおすすめでありますー。

スタンダードな羽毛肌掛けふとん

9990hada

↑↑写真は現在入荷しているスタンダードタイプ羽毛肌掛けふとん。

側生地:綿100%
詰め物:ホワイトダウン85% 0.4kg
サイズ:150×210cm(シングルロングサイズ)
価格:9,990円(税込価格)

スタンダードとはいえ、ちゃんとした羽毛(ダウン85%)
が「0.4kg」しっかり入っています。

ちょっとお手頃な肌掛けふとんだと…ダウンが50%とか70%とか、羽毛の比率が低かったり、

充てん量が「0.2kg」にコッソリ減量されてたりします(笑)

そこら辺のスペックの羽毛肌掛けを使うなら、
もうポリエステルわたの肌掛けやタオルケットでいいんじゃないかな?と思っています。

だって、「ダウン50%」の羽毛とか、「充てん量0.2kg」とか
実物触ると、ペラッペラですよ(笑)

あれ、ほぼ生地のみですから(笑)

増量羽毛肌掛けふとん

zouryouhada

↑↑ウチの増量タイプの羽毛肌掛けふとんです。

側生地:テンセル(天然パルプ系)42%・ポリエステル35%・綿23%
詰め物:ハンガリー産ホワイトダウン90% 0.5kg
サイズ:150×210cm(シングルロングサイズ)
価格:14,980円(税込価格)

ハンガリー産の「チョットいい」羽毛(笑)を「チョット多め」(0.5kg)に詰めた肌ふとんです。

保温力は普通の羽毛肌掛けより上で、

なおかつ羽毛合い掛けふとん(充てん量0.7kg位)より下という

中途半端なちょどいい(笑)掛け寝具です。

メーカーさんに無理言って、作ってもらいました。

「羽毛肌掛けじゃ寒かったのよねー」という方にピッタリです。
※実際、一枚買われた方が、複数追加注文されてます。いやホント。

肌沿いのいい羽毛肌掛けふとん

19800hadatatami

↑↑ウチの肌沿いのいい羽毛肌掛けふとん

側生地:綿65%・ポリエステル35%(軽量生地)8×10の特殊キルト
詰め物:ハンガリー産シルバーグースダウン90% 0.3kg
サイズ:150×210cm(シングルロングサイズ)
価格:19,800円(税込価格)

これはグースダウンの羽毛肌掛けふとん。

ハンガリー産のシルバーグース羽毛です。肌掛けにはあまり使われないレベルの羽毛です。

当然、保温力はダックより上です。

さらに、8マス×10マスの特殊キルトです。

19800hadahiro

え?分かりにくいですか?じゃ…

19800hadasetu

こんなかんじで細かい部屋に分かれています。

凄く手間がかかる反面、なかの羽毛がかたよりにくい上に

キルト部分でふとんが折れやすいので、

カラダにフィットしてそぐいやすいです。

経験上、この手のキルトは高い婚礼セットに入っているような
高級な羽毛肌掛けにしか使われません。

だって、コストが凄いんですもん(笑)

生地の触感も、凄く柔らかいのですが…
ネットだと触れないので残念です。

どの肌ふとんも、私がセレクトしたとっても「イイ子」なんです…(笑)

ぜひお店に見に来てくださいねー。

東区からオーダー枕のお客様が来店

東区から、オーダー枕を作りに来てくださったHさま。

ありがとうございます。

帰り際におっしゃられていたのが
「ネットで調べてココが”一番来やすそう”だった」とのこと。

アクセス的には、ウチが一番来にくいトコかと(笑)

「来やすい」でなくて「気安い」という漢字変換が正確なのかもしれません。

皆さま、お気軽にお越しください。

大丈夫です。
ブログでは、つまんないおやじギャグを連発していますが

ワタクシ、やる時はやる人間です。

ホントです。

いや、ホントですってば!!

※以前来られたお客様に、
「ブログ読んでて、ちょっと不安だったんですが、ちゃんとまくらも作れるんですね~。すごーい」
と言われたことがあります(笑)
ちゃんと作れますよー!そっちの方が本業だし!プロだし!!