オーダー枕を広島市内で作成している創業明治23年の木村寝具店です。オーダーまくらは税込4,299円から19,440円まで。有名プロスポーツ選手の枕も作成。あなたの眠りの悩み相談して下さい

羽毛掛けふとんの話(その2)

  • HOME »
  • 羽毛掛けふとんの話(その2)

羽毛掛けふとんの話(その1)

羽毛掛けふとんの話(その2)

はい、羽毛掛けふとんの話の続きです。 まず、前のページの拡大図をもうちょっと説明しておきますね。

前ページの画像説明をもうちょっと。そして「ダウン」と「フェザー」の違いについて。

羽毛掛けふとんには「ダウン」と「フェザー」が入っています。
重ねて言いますが、前のページの拡大図は「ダウン」のものです。

フェザーはいわゆる「羽根」です。
羽根ペンの小さいヤツ、とイメージして下さい。
この「フェザー」はどんだけタップリ詰めても、全く暖かくありません(笑)コシがある素材なので羽根まくらにでも使えば、まあいいかなというところです。

羽根ふとんが暖かくない、という理由はまた後で。
私は、暖かくない理由は、暖かい理由の裏返しなんじゃないかなと考えていて…ブツブツ(笑)

一方「ダウン」はタンポポの綿毛的な形状をしています。
フワフワでモジャモジャで(笑)え~っと、こんな感じです↓↓

  downball

↑↑これは、羽毛の最小単位「ダウンボール」です。実は、四方八方に延びた毛(ファイバーって言います)がこの塊の中心で一つにつながっています。

前ページのの拡大図は…。

downballmaru

↑↑この赤丸部分の拡大図です。デジカメの限界まで大きくすると…

  fiber

↑こんな感じです。コレが「ファイバー」と呼ばれる部分です。
もうデジカメ画像では、よく見えませんね(笑)バックの黒い生地の織りが見えるくらい拡大しているんですが…。

前ページの拡大画像は、普通のおうちの設備では見られないものだ、ということだけ認識しておいてください。

さて、いよいよ羽毛掛けふとんの暖かさの秘訣を、語る前に羽毛掛けふとんの違いとは

羽毛掛けふとんって、いろいろな値段のものがありますよね。
同じシングサイズでも、1万円台から、30万円近いものやアイダーダウンの掛けふとんだと200万円前後のものまであります。

aidaduck「いったい、何が違うの?」「羽毛ふとんの値段の違いがよくわからない」という声、羽毛掛けふとんを買いに来られたお客様からよく聞かれます。
でも、実は羽毛掛けふとんの違いは誰でも分かります。
そのコツを少々。ただし、ここでは羽毛の質の違いを見極める方法のみです。

  1.  充填されている羽毛がグースダウンかダックダウンか・産地はどこかを見極める。
    一般的にはグースダウンのほうが高品質で暖かいです。(注:羽毛の最高級品アイダーダウンはダックダウン)グースの記載のないものはダックダウンです。 また、羽毛の産地がどこかを見ましょう。有名どころだとハンガリー・ポーランド・ロシアなどです。記載がなければ、おそらく中国産です。
  2.  品質表示もしくは、下げ札でダウンの品質を見極める。
    羽毛掛け布団本体に縫い付けられている、「品質表示」には必ず「ダウン比率」が記載してあります。(ダウン○○% フェザー××%というヤツ) もちろんダウン比率が高い方が暖かく、高くなります。
    また、近年では「かさ高表示」「ダウンパワー表示(DP)」などで羽毛の品質を表す事にしよう、という流れになっていますが、本体縫い付けの品質表示には記載されていないことが多いです。「かさ高」「DP」ともに数値が大きいほど高品質です。
  3.  実際に触る。
    羽毛掛けふとんの一部を両手で挟んで厚みを見る。 これが一番大事。触ってみないと分からないことがあります。 両手で挟んでポンポンと軽く押さえてみます。高品質な羽毛はボリューム感(詰まっている感)が違います。 このボリューム感が保温性・耐久性に直結します。ほかのふとんと触り比べることで品質の差は必ず分かります。

はい、お待たせいたしました(笑)私が考える羽毛掛けふとんの暖かさの秘訣。

downball

羽毛掛けふとんが、なぜ掛けふとんの素材として普及しているのか?というと、「軽さ」「保温性」「耐久性」に優れているからです。

私の知る限りでは、この3点で「羽毛に勝る素材」は今のところ見つかっていません。

羽毛でふとんを作るとなぜ暖かいか?それは、「ダウンボール」の「複雑な形状とその軽さ」に答えがあると思っています。
ボリュームがある羽毛掛けふとんは基本的にあったかいです。では、同じ”かさ”が出る空気を入れたビニールの風船を掛けたら暖かいでしょうか? 答えはおそらく「寒い」です(笑)。
羽毛の代わりに、空気のみが充填されている場合、ねどこ内の暖かい空気がふとんの外に逃げてしまうからです。 図で表すとこんな感じになるかと…↓↓↓

  tairyuuzu1

「対流」が存分に(笑)起き、せっかく体温で温めた暖かい空気がふとんの外に逃げていきます。

※対流(たいりゅう、英語: convection)とは、流体において温度表面張力などが原因により不均質性が生ずるため、その内部で重力によって引き起こされる流動が生ずる現象である。(Wikipediaより)

それに対して、羽毛が充填された羽毛掛けふとんだと、軽くて複雑な形状の羽毛がふとんの中で入り組んでいます。

ふとんの内部が結果的に小さな空気の部屋で小分けにされて、その小部屋ごとに対流が起きて…↓↓↓

 tairyuuzu2

ねどこの中から外部に熱が伝わるまでに、いくつもの小さな空気の部屋で熱をリレーしていかなきゃならないので、結果的に暖かい空気が逃げにくいんです。

おっし、決まった(笑)えっ?分かりにくい?分からない方、お店に来て聞いてください。お話しますから。

この理屈でいくと、軸が硬く、充填してもスカスカに隙間が空く「羽根布団」つまり、フェザーを充填したふとんは、暖かい空気が逃げやすいので「寒い」ですね。
また、前ページで拡大図を見た「ダックダウン」は”ファイバー”に生えている”毛”が「グースダウン」に比べてまばらなので、同じ理由でグースダウンより暖かくなりにくいです。

また、羽毛の宝石「アイダーダウン」は、”ファイバー”に生えている”毛”が、長くてモジャモジャ(笑)なのでこれも暖かい。
コレが、ふとん工場で羽毛検査員さんと私の意見が合致したお話なんです。

「羽毛の話」長かったでしょう(笑)

はい、もう寝ている人いませんか?(笑)もうちょっとですよ~。 この後は、羽毛の手入れ、洗濯、リフォームの話をさせて頂こうかと思います。興味ある方、またみて下さいね。 羽毛布団リフォームへ→

お気軽にお問い合わせください TEL 082-293-2847 営業時間・・・平日 9:00-18:00
[土日祝は10:00-18:00]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

創業明治23年:木村寝具店(広島県広島市)のホームページです

misegaisou

広島市内で明治23年(1890年)
から寝具専門店を営業している
「木村寝具店」のホームページです。

年間200個以上のオーダー枕の作成を通じて、 お客様の眠りの悩みに向き合う毎日。 気になる方は…

木村寝具店アクセス

広島県広島市中区十日市町1-5-17

082-293-2847まで。

まくら職人(木村純士)です

jk


寝具メーカー勤務(百貨店担当)を経て、寝具専門店へ。
寝具専門店キャリアは、10ウン年(年がばれるのでナイショ)
オーダー枕製作を通じて、お客様の眠りの悩みに向き合う日々。良く眠れるようになったわ~、って言われると幸せ。司馬遼太郎さんの本が好きです。

お得なオーダー枕キャンペーン開催!!

  • facebook
  • twitter

お知らせ

本日は10時より通常営業しております

いつもありがとうございます。 本日7月7日は、朝10時より通常営業しております。  木村寝具店  

7月1日までお問い合わせは電話でお願いします。

いつもありがとうございます。 当店へのお問い合わせですが、本日より7月1日まではお電話でお願いいたします。 メールでのお問い合わせについては、 諸事情によりお返事が大幅に遅れる可能性があります。 電話番号は082-293 …

6月3日(日)は店休日です

いつもありがとうございます。 勝手ながら、 6月3日(日曜日)は店休日とさせて頂いています。 よろしくお願い致します。 6月は3日以外、すべて営業しておりますので ご来店お待ちしております。

ブログ

安佐南区、広島市中区、安芸郡、佐伯区からオーダー枕のお客さまが

豪雨災害後、広島市内では暑い日が続いています。 体調を崩さないように、水分をしっかり補給してお過ごしください。 この記事と関連する記事 安佐南区・江田島・久留米市からオーダー枕のお客さまが 西区・安芸区からオーダー枕のお …

当店のハンガリー直輸入羽毛の産地を訪ねて・その4最終工程FBZ社編へ

さて、ハンガリーのグースダウン視察、「最終工程FBZ編」です。 ここまで丁寧に作業されてきた「ハンガリー産原毛」の最終仕上げです。 この記事と関連する記事 当店のハンガリー直輸入羽毛の産地を訪ねて・その1序章 当店のハン …

当店のハンガリー直輸入羽毛の産地を訪ねて・その3食肉処理場(スローターハウス)編

 ハンガリーのグースダウン視察、「食肉処理場(スローターハウス)編」です グースから良質な羽毛を採取するにあたって、実はここが一番重要な工程でした。 この記事と関連する記事 当店のハンガリー直輸入羽毛の産地を訪ねて・その …

当店のハンガリー直輸入羽毛の産地を訪ねて・その2グース農場編

ハンガリーのグースダウン視察、「グース農場編」です 暖かく耐久性の良い羽毛を作り出すグースの飼育農場を訪ねました。 この記事と関連する記事 当店のハンガリー直輸入羽毛の産地を訪ねて・その1序章 当店のハンガリー直輸入羽毛 …

当店のハンガリー直輸入羽毛の産地を訪ねて・その1序章

羽毛布団と言えばハンガリー。超メジャーな産地です。 寝具の専門店である以上、一度現地を見て勉強してこなくては…。 そしてこの度、ついにハンガリーの視察に行ってまいりました。 この記事と関連する記事 当店のハンガリー直輸入 …

おかげさまで忙しくさせて頂いています

6月もあと1週間です。梅雨で湿気が多い日が続いています。 今月はおかげさまで、たくさんのお客さまにご来店して頂いてます。 No related posts.

PAGETOP
Copyright © 株式会社木村寝具店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.