softsikip

敷き寝具のサイズもいろいろですね。

ウーンあの敷きふとんのカバー、このサイズで合うかしら?
という方のお役にたてると幸いです。

ちなみに、敷きふとんのカバーは
敷きふとんのサイズ+5cmで作っていることが多いです。

100×210cmの敷きふとん用のカバーは
105×215cmサイズです

厚みがあるので、大きさの余裕を見て作っています。

100×210cm(シングルロングサイズ)

一人用の敷きふとんのサイズです。

シングル”ロング”というタイトルですが
近年の”普通の”(羊毛混とかポリエステルとか)
のシングルサイズは、ほぼコレです。

最近の「体圧分散敷きふとん」とか、
「健康敷きふとん」的な敷きふとん
(ウレタン系とかポリエチレン系特殊素材)は、
長さが、200cmのものが多いです。

理由は…
おそらく、ベットに置いて使う事を想定して、だと思います。

たぶんそうですが、また今度調べときます~(笑)

100×200cm(シングルサイズ)

一人用敷きふとん・一人用ベットマットレスのサイズ。

ベットのシングルサイズと言えば、ほぼコレ。

先述のとおり、

  • 「体圧分散敷き」
  • 「健康敷きふとん」

はシングルサイズをこの大きさで作っています。

また、
昔ながらの「綿わたの敷きふとん」
も、このサイズで作ることが多いです。

綿わたは重たいですからね~
ふとんの上げ下ろしも考えて、の事でしょう。

120×210cm(セミダブルロングサイズ)

超少数派です(笑)

なぜかというと、
210cmの”ロングサイズ”で作る「普通の敷きふとん」では

セミダブルサイズを作ることが、ほとんどないからです。

と、いうことはカバーも「希少サイズ」です(笑)

ウチのお店でも、
このサイズのカバーを作っているメーカーさんは、1つしかありません。

120×200cm(セミダブルサイズ)

ベットマットレス・「体圧分散敷き」
のセミダブルで採用されているサイズ。

一人でゆったり眠りたい方にお勧めのサイズ。

セミダブルで2人は…狭いです。ちゃんと眠れません。

なんかクヤシイので、健康のために、セミダブルは一人で使いましょう(笑)

140×210cm(ダブルロングサイズ)

普通の敷きふとんのダブルサイズです。

ダブルサイズから、2人用を想定した幅とされています。

ある機関の実験で
一人分の敷き寝具の幅が70cmを下回ると
眠りの質が低下する、という結果が出ています。

と、言う事は
140cm幅の敷き寝具で2人が眠るとギリギリ、と言う事ですね。

140×200cm(ダブルサイズ)

ベットマットレス・「体圧分散敷き」
のダブルで採用されているサイズ。

前項のとおり、2人用を想定した幅です。

が、シングル2つをくっつけて眠ったほうが
個人的には、良く眠れると思うんですよねー。

だって、

  • 冬とか掛けふとんの取り合いになって…とか
  • 夏はくっついて寝たら暑い…とか

良く聞くんですよ。

160×200cm(クィーンサイズ)

ココからは、ベットマットレスのサイズのみ、です。

敷きふとんはダブルまでなんです。

上げ下ろしが重い、からなんでしょうね。

※ウチのお店は、大きいサイズもオーダーで作れるようになっています。
チョット宣伝です(笑)

180×200cm(キングサイズ)

最大サイズです。

ここまでのサイズになると、
作っていないメーカーさんも多いです。

現状の日本の住宅事情を考えると、
こんなサイズ入らんわ!という方も多いかも。

その他のサイズは…

  • え?ウチのベット、〇〇ダブルサイズだけど出てないじゃん
  • ××クィーンはないの?
  • クィーンロングは?

というアナタ。

各メーカーさん(ベット屋さんが多い)
が独自に作っているサイズは、キリがないので割愛しております。

わたしの個人的な見解ですが、
ベットメーカーさんが作ってらっしゃる
独自のサイズはチョット…って思っています。

独自のサイズで作っちゃうと、
そのサイズに対応したカバーは、そこのメーカーさんしか持っていません。

  • そのベット・カバーが廃盤になったら?
  • あまり言いたくないですが、そこのメーカーさんが倒産・廃業したら?

どうなるでしょう。

お客さん困りますよね~。
毎回サイズオーダーしなきゃいけなくなります。

メーカーの垣根を越えて
ふとんのサイズを統一している理由を考えてみて欲しいなーと思います。