オーダー枕を広島市内で作成している創業明治23年の木村寝具店です。オーダーまくらは税込4,299円から19,440円まで。有名プロスポーツ選手の枕も作成。あなたの眠りの悩み相談して下さい

ムートンの話・その1

  • HOME »
  • ムートンの話・その1

ムートンの話・その1

いきさつ|ムートン工場に行くまで

shornchan むかしから、ムートンブーツやゴージャスなシキモノ・医療用(褥瘡防止)に使われてきた「」。
 「ムートン」って、つまりは羊の毛皮なんですが、寝具では「ムートンシーツ」という最強の敷き寝具が有名です。


 先日、機会があってこのムートンシーツを自腹で購入、実際に寝てみて驚いたんです。
「これはスゴクよく眠れるわ!」「なんちゅう気持ちいい寝心地?!」←原文のまま(笑)
※↑↑私の感想です。すべての人に効果効能を保証するものではありません。

 これまでも、ムートンシーツを使うと良さそうなお客さまにはお勧めして買って頂いてました。
アレよかったよ~という声もたくさんいただいてます。
しかし、実際に気持ちよさを体験してみると…、ムートンシーツについて、俄然気になり始めました。

 そんな時、メーカーさんからお誘いが。
「ムートンの工場見に行きませんか?」「国内の工場は、ココともう1軒くらいですよ~」
「い、行きます。」
 若干かぶせ気味に(笑)返事をしました。こりゃ勉強してこなくっちゃ。

ムートン工場は辺境の地でした(笑)

naraaozora

 10月某日、良く晴れた秋の日でした。

 メーカー営業さん(この方、私が小学生の頃のウチのお店の担当さんでした)の運転する車で京都市内を出発。
 トコトコ進んで…ズーッと行って…山の中に入って…
 ナニこれ!すごく遠い(笑)言い知れぬ不安をカスカにおぼえながら(笑)奈良の山中に。

yamamichi

↑ピンボケです。走行中ですから(笑)

 なんでも、工場の排水をキレイにする施設が必要らしく、奈良の山中にまとまって皮革工場団地(だったと思います)を形成しているそうです。
その中の一角が「ムートン工場」マスダさんです。

masudamon

とりあえず、門の前で記念撮影。鉄板ですよね(笑)

空気も良くって気持ちよかったです、という事は、環境に優しい清潔な工場なんですね。
まずは、ムートンクリーニングの工場から見学したんですが、この話はまたの機会に。
 クリーニング工場も興味深い話がたくさんありました。

ムートンの生産工程

 はい、ここから本題です~。

前置きが長いですが、いつものことです(笑)私、話をはじめると止まらなくなりますので(笑)


 ムートンの製造工程は、ざっと大きく分けて 1.皮の加工 2.毛の加工 3.仕上げ・組立という具合です。
 「ムートンの製造工程」ちょっと、見ていきます?それともやめる?

エッ帰っちゃうの?(笑)

1.皮の加工工程|入荷した原皮

mutonsio まずは、入荷した原皮です。ここのムートンは原料にもこだわりが。

なんせ、原料で製品の出来が6割決まっちゃうんですから。

 

こだわりその1|原皮はオーストラリア「ヴィクトリア州」産のみ

 オーストラリアのヴィクトリア州産の厳選された原皮しか使いません。
見学に行った時、工場の社長さん?は不在でした。オーストラリアの産地で原料の選定?買い付けに行っているとか言われていました。

 他の産地(アメリカとかその他発展途上国)では、成長が早すぎて毛の密度(←これ重要)がよくなかったり、均一な品質の原皮が揃いにくかったりするそうです。
 しかも、毎年工場の社員さんがオーストラリアに飛び、一枚一枚(!!)原皮のチェックをしているそうです。

こだわりその2|夏を越していない原皮のみ使う

 ヴィクトリア州産の中でも、夏を越していない原皮を使います。
ムートンは夏を越すと、強い紫外線でウールが痛んでしまうからです。

 春の終わりに塩漬けされた原皮が船便でやってきます。
見学に行った時(10月某日)は、ちょうど今年の原皮の入荷途中でした。年に1~2か月のこの時期だけです。

  「え?10月だったら夏越えてるじゃん」というアナタ。
オーストラリアは南半球なので、日本と季節が逆なんです。
私も勘違いしていました(笑)

こだわりその3|原皮は冷蔵保存する

 reizoukoここでは、原皮は冷蔵保存しています。

倉庫の中で原皮の横にならんで写真を撮ったのですが、結構寒かった(笑)


 原皮を冷蔵保存するのは世界でここだけだそうです。
 塩漬けしてあってもやっぱりナマモノ・タンパク質のカタマリですから、「変質を避ける」という点では間違いないですね。ウーンすごい。

1.皮の加工工程|塩抜き・なめし



↑塩漬け保存された”ムートン原皮”を塩抜きします。

kama1 

次に「なめし」ます。

  「なめし」とは皮を腐らなくする加工です。
ココも重要な工程です。なめしが悪いと毛がボソボソに抜けたりします。
↑上画像の赤いヤツがなめし用のおっきなカゴです。

おそらく、事前の白なめし用だと思います。

クロムなめしは一枚一枚手作業で塗られてました。

その昔、なぜか家に中国製の安物ムートンラグがあったんです。
ある日帰宅すると、うちの子(当時小学校低学年)が2人で「ハゲだ!ハゲだ」とゲラゲラ笑いながらムートンの毛をむしっている現場に遭遇(笑)

安物ながら、まあまあ暖かかったムートンラグが「バンカーだらけのゴルフ場」(笑)状態に。
「ココは全英オープンか」と突っ込みました(笑)
※ちゃんとしたムートンは子供がむしった位ではハゲません(笑)

 話がそれました。一般的ななめしの種類をちょっと紹介

1.ホルマリンなめし

 ホルマリン漬けして乾燥する「なめし」。

原皮(毛の根元、皮の部分)の色が黄色っぽくなっているものはコレ。
洗うと、ホルマリンが水に溶けだし乾燥後、干物の様な原皮になるものも。

ホルマリンはホルムアルデヒドの水溶液なので、人体に対して…あんまりよくないです。

2.白なめし

 硫酸アルミニウム・合成タンニンによる「なめし」方法。

原皮(毛の根元、皮の部分)の色が真っ白になっていることが多い。
耐久性がイマイチ。
洗濯後もホルマリンなめしと同様カラカラになることもある。

また、原皮が硬くなりやすいです。



↑なめした皮の色比較です。

3.クロムなめし

kurom

 三価クロムを使った「なめし」。

原皮(毛の根元、皮の部分)の色は空色、まではいきませんが少し青っぽい色になる。

耐久性・対洗濯性に優れ、処理後の原皮は熱にも強い。
三価クロムは、土中や人間の体内(2mgだったかな~)にも存在する安全な物質で人体にも優しい。

 難点は…三価クロムのコストが高い事(笑)なので、クロムなめしは、廉価品には採用されない。

と、いう感じです。
 こちらの工場では、「前なめし」として2の白なめしを施し、さらに原皮の奥までしっかりとクロムを浸透させる「クロムなめし」をしているそうです。
念が入ってます。さすが信頼の日本製!!



↑1枚1枚丁寧にクロム液の塗布作業中の図(笑)

安価なものはまとめて液につけるため、しっかりクロム液がつかないこともあります。

2.皮の加工工程|乾燥・ステーキング

steking

 続いてなめした原皮を乾燥し、柔らかく(ステーキング)します。
皮の加工はざっとここまでです。

続いては毛の部分の加工です。
長くなったので続きは次のページ(ムートンの話・その2)で。

お気軽にお問い合わせください TEL 082-293-2847 営業時間・・・平日 9:00-18:00
[土日祝は10:00-18:00]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

創業明治23年:木村寝具店(広島県広島市)のホームページです

misegaisou

広島市内で明治23年(1890年)
から寝具専門店を営業している
「木村寝具店」のホームページです。

年間200個以上のオーダー枕の作成を通じて、 お客様の眠りの悩みに向き合う毎日。 気になる方は…

木村寝具店アクセス

広島県広島市中区十日市町1-5-17

082-293-2847まで。

まくら職人(木村純士)です

jk


寝具メーカー勤務(百貨店担当)を経て、寝具専門店へ。
寝具専門店キャリアは、10ウン年(年がばれるのでナイショ)
オーダー枕製作を通じて、お客様の眠りの悩みに向き合う日々。良く眠れるようになったわ~、って言われると幸せ。司馬遼太郎さんの本が好きです。

お得なオーダー枕キャンペーン開催!!

  • facebook
  • twitter

お知らせ

本日は10時より通常営業しております

いつもありがとうございます。 本日7月7日は、朝10時より通常営業しております。  木村寝具店  

7月1日までお問い合わせは電話でお願いします。

いつもありがとうございます。 当店へのお問い合わせですが、本日より7月1日まではお電話でお願いいたします。 メールでのお問い合わせについては、 諸事情によりお返事が大幅に遅れる可能性があります。 電話番号は082-293 …

6月3日(日)は店休日です

いつもありがとうございます。 勝手ながら、 6月3日(日曜日)は店休日とさせて頂いています。 よろしくお願い致します。 6月は3日以外、すべて営業しておりますので ご来店お待ちしております。

ブログ

安佐南区、広島市中区、安芸郡、佐伯区からオーダー枕のお客さまが

豪雨災害後、広島市内では暑い日が続いています。 体調を崩さないように、水分をしっかり補給してお過ごしください。 この記事と関連する記事 安佐南区・江田島・久留米市からオーダー枕のお客さまが 西区・安芸区からオーダー枕のお …

当店のハンガリー直輸入羽毛の産地を訪ねて・その4最終工程FBZ社編へ

さて、ハンガリーのグースダウン視察、「最終工程FBZ編」です。 ここまで丁寧に作業されてきた「ハンガリー産原毛」の最終仕上げです。 この記事と関連する記事 当店のハンガリー直輸入羽毛の産地を訪ねて・その1序章 当店のハン …

当店のハンガリー直輸入羽毛の産地を訪ねて・その3食肉処理場(スローターハウス)編

 ハンガリーのグースダウン視察、「食肉処理場(スローターハウス)編」です グースから良質な羽毛を採取するにあたって、実はここが一番重要な工程でした。 この記事と関連する記事 当店のハンガリー直輸入羽毛の産地を訪ねて・その …

当店のハンガリー直輸入羽毛の産地を訪ねて・その2グース農場編

ハンガリーのグースダウン視察、「グース農場編」です 暖かく耐久性の良い羽毛を作り出すグースの飼育農場を訪ねました。 この記事と関連する記事 当店のハンガリー直輸入羽毛の産地を訪ねて・その1序章 当店のハンガリー直輸入羽毛 …

当店のハンガリー直輸入羽毛の産地を訪ねて・その1序章

羽毛布団と言えばハンガリー。超メジャーな産地です。 寝具の専門店である以上、一度現地を見て勉強してこなくては…。 そしてこの度、ついにハンガリーの視察に行ってまいりました。 この記事と関連する記事 当店のハンガリー直輸入 …

おかげさまで忙しくさせて頂いています

6月もあと1週間です。梅雨で湿気が多い日が続いています。 今月はおかげさまで、たくさんのお客さまにご来店して頂いてます。 No related posts.

PAGETOP
Copyright © 株式会社木村寝具店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.