ここ最近の広島市は肌寒い日が続いています。

先日、お客さまからヘタった敷き寝具()の相談を受けました。

現在はバスタオルをへこんだ部分に敷き込んでしのいでらっしゃるとか…。

ヘタった敷き布団・ベッドマットの凹みにバスタオルを重ねても…



↑画像はフェイスタオルです。

いつか書いたのですが、宿泊されたホテルでベッドマットがヘタっていた場合
この対処(バスタオルを折って凹んでいるところに敷く)は最善です。数日間の事ですから。

でも、毎日眠るベッドの場合ではしんどいです。
バスタオルを敷いてもデコボコになりますし…。やっぱり凹みます。
デコボコの敷き布団・ベッドなんて気になって眠れません。

 また、敷き込んだバスタオルが湿気を吸うとカビたりして不衛生です。

ヘタった敷き布団・ベッドマットに敷きパットなどを重ねても…



↑画像はイメージです。

これもよく言われます。
「古いヘタった敷き布団やベッドマットに、アッパータイプの敷きパットをしいたら良く眠れるようになりますか?」と。

ヘタった敷き布団・ベッドマットは、
おしりが当たる部分が凹んだり、柔らかくなったりしています。
ほぼ100%この部分が凹んでいます。

なぜなら、人間が横たわった時
全体重の約半分の荷重(44%と言われています)がおしりの部分にかかるからです。

そもそものベースである敷き布団・ベッドマットがへこんでいるので
その上にどんな高性能な敷きパットを敷いてもやはり凹んでしまいます。

なので、敷きパットをしいても根本的な解決にはなりえません。

ヘタった敷き布団・ベッドマットで眠ると…

こういった敷き布団・ベッドマットで眠っている方は
寝姿勢が不自然なため、眠りが浅くなります。

ヘタった敷き布団・ベッドマットに寝ている当店にご来店頂いたお客さま
が訴えられた症状をあげると…

  • 寝返りが増える。
  • ひんぱんに目が覚める
  • 上を向いて眠れない
  • 体のゆがみが出る
  • 腰が痛い

と言う事をよく言われます。

腰の部分が凹んだ敷き布団・ベッドマットで眠ると
仰向け寝時、背中が丸まった寝姿勢になります。
ハンモックで眠るような姿勢、つまり「ハンモックシンドローム」です。

上に記したような症状がある方はご注意ください。

毎日の寝姿勢は、アナタの健康に影響します。
ヘタった敷き布団・ベッドをもったいないから、と無理して長年使うと…
しんどい思いをしたり、かえって出費が増えたりします。早めにお買い替えください。

当店は広島市中区の寝具専門店です