西日本は強烈な寒波とドカ雪、という予報ですが

広島市内は…寒いけど天気です。今のところ、雪もほとんど降ってませんねー。

さて、今回は””の重さについて。特に2枚合わせの羽毛布団は重いんです。

羽毛をなんらかの生地に充填して作っています。

羽毛の充てん量については、必ず品質表示に記載があるのですが

生地の重さについては…ほとんど記載がありません。

羽毛布団|充填羽毛と生地の重さの合計


羽毛布団に充填されている羽毛の重量って、

シングルサイズの冬ふとんで、約1.3kg。

それに対して、生地の重さってどれくらいか分かります?

羽毛布団|生地の重さ

羽毛布団の生地の重さは

一般的な60サテン生地で140g/㎡(140グラム/平方メートル)です。

羽毛布団の生地の面積は、シングルサイズで

150cm×210cm=1.5m×2.1mで

1.5m×2.1m=3.15㎡(平方メートル)

※150cm×210cmは製品サイズです。羽毛を充填すると膨らむので
実際の生地サイズは普通、+10cm位”ふかして”あります。
ですから、実際の生地の重さはもっと重たくなります。

で、

3.15㎡×140g=439.6g、約440gですね。上記の理由で、実際の重さはこれ以上です。

ところが、この生地の重さは片面だけなので、実際にはこの倍で

440g×2=880gが生地の重さになります。

羽毛布団|シングルサイズの大体の重さ

単位をキログラムに合わせ、

シングルサイズの羽毛布団の重さを計算すると

  • 充填羽毛が1.3kg
  • 生地の重さが0.88kg
  • 両方で合計2.18kg

と言う事ですね。

総重量の約40パーセントが生地の重さです。意外に重いでしょ。

羽毛布団|2枚合わせの羽毛ふとんの重さ

17、8年くらい前から出ている、「2枚合わせの羽毛布団」ってあるでしょ。

厚みの違う2枚の羽毛布団を、ホックで留めて使うものなんですが、

あれ、機能的には素晴らしいんですが、すっごく重いんです(笑)

ちょっと計算してみます~

生地重量は単純に倍します。
※だって、ふとん2枚分の生地を使ってますからね

すると、生地重量は、880g×2=1760g(!!)

  • 充填羽毛が1.1kg(軽めに作ることが多い)
  • 生地の重さが1.76kg
  • 両方で合計2.86kg

になります。880gって缶ジュース2個分ですから…相当重いです。

羽毛布団|機能か軽さか

と、いうことで…

軽い掛けふとんがいい方は、”生地の重さ”も考えるといいですよ。

ただし、”これは生地が軽い”という事がウリの掛け布団じゃないと

生地の重さまでは分からないことが多いです。

現在、ウチでは”軽量生地の羽毛布団”が入荷していて…良かったら見に来てください。

こちらの羽毛布団の生地の重さは、

オドロキの90g/㎡(90グラム/平方メートル)です。

すっごく軽いです!!